NVIDIAの3DVisionで、FF14を立体3D映像で楽しめる!

FF14をリアルな立体映像で楽しむには、GeForceGTXシリーズのグラボが必要!

3D Vision対応のグラボは、NVIDIA製のチップを搭載したグラボの事なので、GeForceを搭載したFF14推奨認定パソコンを使用している人ならば特に交換する必要はありません。

RADEON製のグラボを使用している場合や、GeForceを搭載していてもFF14の推奨スペックに微妙に足りない場合は、ハイスペックGeForce系のグラボに載せ変えをする必要があります。

FF14が快適に動くのに必要なグラボは、NVIDEOのGeForceGTXの上位シリーズなので、GeForceGTXシリーズの一番最新のグラボを搭載しておけば3D Vision対応のグラフィックボードの条件は満たす事になります。

グラボはなるべくハイスペックなグラボを!

3D Visionを使用した場合、両目用に2画面出力しなければいけないので、2Dから3Dにしたときのフレームレートが半分になります。

つまり、FF14のベンチマークでHighを選んだ時の解像度で3Dを楽しみたい場合、最低でもビデオカードはベンチマークで「快適」以上がたたきだせるものでないと動作が重くて話になりません。

3D VisionでFF14を快適に遊ぶ為には、GeForce GTX 470以上のグラボは欲しいところです。

グラボ交換の手順

1.PCの電源を切り、コンセントを外す。

2.PCを開けて、PCIスロットから古いグラボを引っこ抜く。

3.PCIスロットに新しいグラボを差し込む。

4.PCの蓋を閉めて、電源を入れる。

以上で交換自体は終了なので、グラボ交換自体の手順はとても簡単です。

ただし、市販PCでのグラボ交換の場合、交換後にBIOS設定が必要になってきますので、下記のリンクを参照して下さい。

→一般PCでのグラボ交換後の設定

【FF14を立体3D映像で楽しむ為の方法!】メニュー